可倒式を可倒式に

2017年03月07日 22:01

タイトルが意味不明です。
俺も何を言っているのかわからねぇが・・・


土曜に筑波行ったときにかっこいいクラッチホルダーつけてるバイクが居たんですよ。
それでそれどこで買ったんだ?と聞いたらヤフオクだと。
んで帰ってきたその日に落札して品物が昨日届いたんです。

P_20170306_201117.jpg

あ、ちなみにブレンボとか書いてありますが偽物です。ってかこれ油圧クラッチのラジアルポンプみたいな形してるけどワイヤー式です。

よし!これでレースに間に合う! 前から欲しかった可倒式のクラッチレバーだぜ!
と喜んでクラッチレバーを曲げようとしてたら  「バキ!」っていう音が。

その後なぜかレバーがグラグラに・・・

あれ?付ける前にいきなり壊した?

なんで?可倒式だろこれ?

で、ばらしてみてよくよくみてみると・・・

あ、これ見た目可倒式になってるけど曲がらない構造になってるわ。
レバーを挟んでるところもクリアランスがおかしいし。 多分ワッシャーかましてクリアランス調整してたな?
んで無理やり曲げようとして力加えてそのワッシャーが砕けたと。 多分そんなところだろう。

もっとよく見てみる金色の部品。 レバーの可動部の支点なんだけど六角穴じゃなくてただのドリル穴です。
これ!外すのにプライヤーじゃないと外れないじゃん!w
しかもこのピン長さの寸法がおかしいし。
もうね。いろいろツッコミどころ満載です。

さて、どうするか。俺の希望としては
可倒式にする。
レバーのガタツキを直したい。
レバー交換が楽になるようにピンをスパナなどで回せるように、そしてピン自体の方を消したい。


可倒式にするのは簡単。加工すれば良い。


P_20170307_100358.jpg

加工しました。

あとはレバーのガタとピンのガタ。
レバーのガタはM8ワッシャーの0.8ミリ厚を噛ませばok
だけど普通のボルトのワッシャーだと1.2ミリ。 入りません。
会社をごそごそ探してていたら1ミリ厚のスペーサー代わりになるものを発見。
入ることには入るんだけどピンの代わりにM8ボルトを使って締め上げるとレバーが動かなくなる。

やっぱ0.8ミリかな。

いやちょっとまてよ? いまピンのガタをなくすために純正のピンの代わりにM8ボルト使ったんだけど純正ピンを使えば・・・
そもそもあれか? ホームセンターには0.8ミリのワッシャーなんて売ってなかったけど工具箱に入ってたブレーキラインの銅とかアルミのワッシャー あれ多分M8位入るサイズだし薄かったよな?


次はそれで挑戦します。

レースまでにクラッチホルダーは間に合うんだろうか?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://knights85.blog50.fc2.com/tb.php/956-1b21adee
    この記事へのトラックバック