YZシリンダ加工

2013年06月04日 22:56

抱きついたシリンダを再メッキに出す前に加工してみました。
やったのはデトネーションリングの前加工とヘッド面の削り
一般的に言うと面研磨というんだろうけど研磨っていうとうちらの感覚だとフライスの機械加工ではなく研磨機(グラインダーみたいな砥石使って削るやつ)の方をいうのであえて削りと書く。それがポリシー

さて、くだらないプライドをグダグダ買いてないで本題をw

昼休みの時間を使って加工しました。つってもすこしオーバーしましたが。
出来上がりはこちら。
DSC_0391.jpg


ヘッド面の削り代は少し残してあります。
理由はデトネリングを圧入した後一緒に削って段差無く仕上げる為
残り代に合わせてOリングの溝も設定より深く掘ってあります。

ヘッド面を削った理由はデトネの虫食いが際からひどい所で2ミリ弱まで侵食していたことと今使ってるピストンとのバランス?兼ね合い?そんな感じです。

真上から見える部分は全部削ってあるので新品みたいに綺麗になったので新品みたいで気持ちいい!
どうせ再メッキ出すならまだ削れる所あるから削っちゃうよーとPP社長が言って削ってくれたので再メッキから上がるのが楽しみです。
まぁ多分・・・第4戦に間に合えばいいかなぁ?という感じでしょうがw
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://knights85.blog50.fc2.com/tb.php/609-090cdc4b
    この記事へのトラックバック