3/11 富士スポーツ走行

2012年03月16日 23:24

3/11に富士へスポーツ走行へ行ってきました。
すでに一週間もたとうとしていますがw

前日は雨で今日は曇りながら雨はふらないだろうという予報の元現地へいったんですが道中がやばかったです。
いつも富士へは道志みちを使っていくんですが道の駅を超えた山伏峠が一面真っ白で路面にも雪が残ってる状態。
こちら側から行くと上り坂なんですがメーターは60キロを指してるのに実際は20キロ位で走行。
あれ?おれサーキット行くんじゃなくてスキー場いくんだったっけ?と勘違いしてしまうほどの景色です。
無事たどり着けるんだろうか?とも心配になりました。
なんとか山中湖へついたんですがここからいつもは三国峠経由なのですがまだ篭坂峠のほうが交通量が多いからあっちのほうがまだましだろうということで迂回して現着。
サーキット周辺はさっきの景色が嘘のように雪のゆのじもありませぬ・・・

バイクを下ろして走行準備に取り掛かります
走行準備はある程度済ませてきたんだけど整備はあまりしてないのですっげー不安。
走行時間前にリアのアライメントを調整してキャブセットの確認。
んでピストンが新品なので走行前までに2回熱入れをしました

P1060092.jpg


一本目
結構水温を上げていったんにもかからわらず一周目のストレートに帰ってくる頃には水温40度に。
ストレート通過せずに速攻ピットイン。
ガムテープをラジエター全貼りにしてコースイン。
走行してるうちにだんだん水温が上がっていって3周することには水温が80度超えました・・・
70度位ならそのまま走行しちゃうんですが80どはやばすぎ・・・
ピットインしてガムテを一枚剥がしコースインしようとするがハンドルがなんかおかしい すっげーふらふらする。
ピットロード入る前に確認したらステダンの固定ボルトが脱落してる!
直してる時間はもう無いのでそのまま注意しながら走行することに。
普段ステダンを固めにセットしてる自分にとってはステダンなしはかなり怖かったです。
加速でふられるし。とにかく転ばないように走行することに専念。
タイムはベストで19秒位だったかな。

2本目
イの一番にコースイン 後ろには一緒にきていたぼぶさん。
ストレートに帰ってくるまでぼぶさんは後ろにいてストレートで抜かれました。
抜かれたあと逆にスリップについて1コーナーで横並びに。
抜けなくてそのまま後ろにつく。
コカコーラ立ち上がりで追いつく。っつかぼぶさんコーナー頑張ってないなぁ。
100Rでアウト側に寄せたんだけどあの人こっちによってきやがる。
オレがこっちにいるんだからくんなよ!とおもいつつアウト側からの並走。
こういう同クラス車体だとコーナースピードも同じくらいなのでアウト側からだと抜けないんだよね・・・
パッシングに失敗しヘアピンからずっと後ろにつく。つきたいがじわじわ話される。
ちょっとまってよぉ・・・とおもいつつ走ってたんだけどぼぶさんが前走車につまってもじもじしてペースが落ちたのでチャーンス!とおもったダンロップの立ち上がりでリアから滑ってこけました。

体はなんともなかったんだけどバイクがクラッチレバーと左側ステップを根こそぎもがれました。
惨状をみるまで自走でピット帰ろうかなと思ったけどもステップないわクラッチがまともに切れないわで走行断念。
ミッション入ったままのバイクを安全な場所に移動するだけで精一杯でした。
富士では2度目のドナドナカー搭乗

あぁ・・・ シフトペダルの予備ないんだよな・・・ コースの人にあのへんにパーツ転がってるから見つかったら届けて!と言っておいたけど戻らないよなぁ。と、嘆いてたら帰り際に職員の人が届けてくれました!サンクス!
ステップバーは使えなかったけどシフトペダルはまだ使えるので修繕費用がすこし浮きました。

さっさと直して次の走行に備えましょうかね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://knights85.blog50.fc2.com/tb.php/487-2931523e
    この記事へのトラックバック