しのいレポ

2010年11月22日 00:38

ゴンゴン!
(;゚ロ゚)ハッ
大谷PAで寝てたらノックで起こされました
今度はみんな移動の最中じゃなかったですw

今回きたメンバーは3号とブルゲリさん
しのいは日光旅行のついでに入り口だけは入ったことあるのですがコースまでは行ったことない場所でした。
ついてしばらくするとゲートオープン。
屋根付きピットに陣取り走行準備
各ピットにコンセント付いてるじゃん!発電機いらねぇか?とおもって職員に聞いてみたらそんなに容量ないので一杯つかわないでーとの事だったのでメーター用バッテリー充電とポットくらいにとどめておきました。

さて、最近のはやりで朝整備。というか朝チューン。
交換するパーツが3点。
それらの交換が終わったところで9時くらいになりライダーズの時間に。まだファイナル交換残ってるのに・・・
すでに入場から1時間経ってます

ミーティングはうちらだけで3名。っつかコース全体できてる人数が3名なんですけど 貸切か?w
いろいろ説明を受けましたが走行時間やコース設定など職員みずから「なぁなぁな感じで」と言ってくる始末。
たまにはいいな、こういう雰囲気。
ライダー同士の相談の結果1本目は10時半 コースは逆走ロングに決定。ま、余裕でしょ。

ファイナルはミニサーキット御用達の14-42
んでとりあえずエンジン掛けてみたら空ぶかしで17000rpmまで軽くぶんまわります。
さすがに薄すぎじゃね?とのことでメイン2ランクアップ。
再度エンジン掛けて15000頭打ち位 ま、こんなもんだろう。
ウォーマー巻いたし準備okになったので朝ご飯のカップラーメンでも食べようかなとおもってお湯沸かし始めたら3号がツナギ着始めてます。
あれ?もうそんな時間かい?と、時計みると10時。 あちゃー飯食べる時間無いじゃん。
余裕で時間間に合うと思ったけど結構きつきつでしたね。
いつもの事だけど・・・

1本目
コースわからないので感触がわかるまでスローペースで走り出すもみるみる下がる水温。
こりゃいかん!ってことで即座にピットイン。ガムテープ追加します。
張り終わってコースインすると他の二人は一緒に走ってますがちょうどコースの反対側。
最初はゆっくり走るし自分のペースで走ってみようってことで放置。
ギアの選択がさっぱりわからないです。
しばらく一人で走ってたらつまんなくなったのでドライブスルーピットインでだれか来ないか待ちます。
ブルゲリさんが来たので前を走ったんですが後ろ振り向いても付いてこない。
んー?ピットインしちゃったかなー?
しかたないのでまた単走。
すると前を3号が走ってるのが見えたので追いつこうとペースアップ。
このコースはバックストレートとホームストレートで走ってる姿が見えるのでたぶんあっちは待ってくれると期待
すこし追いついたかなーと思ったらシケインの所で3号がこっちに向かって手を振ってます。
あ、転んでやんのw 見た感じ大きなダメージがなさそうな普通の転倒っぽい。
ホームストレートで3号の様子みるとバイクを押してたので何事も無かったろうと思いつつピットイン。
しばらくしたらドナドナカーに揺られて帰ってきました。
結局1本目はそのまま走行時間終了となりました。

さて、3号のバイクをよく見てると大破してました。
どうやら滑りながらバイクがそのまま壁にぶつかったそうです。
次の走行が出来ない位の損傷だったのでこれにて3号リタイア お疲れ様でした・・・

ペースをあげて走ってないのにもかかわらずホームストレートで14-42じゃ吹け切りそうな感じ
もっとちゃんと走ったら確実に吹けきるんですがめんどくさいのでファイナルそのままにして走行の合間はのんびりしちゃいました。

2本目は1本目のクラッシュをみて怖くなりより安全そうな逆走ショートを選択。
今度はある程度ペースを維持した状態でコース攻略に入ります。

1コーナーの入りは上っていてよく止まるので結構奥までブレーキ我慢できましたね。
立ち上がりは上りから下りに急激に変化するのでハーフスロットルでゆっくりいって着地してからアクセル開ける感じ。
だってこわいんだもん・・・
次のシケインは慣れてくるとアクセル全開で切り返せましたね。
1コーナーの立ち上がりスピードをもっと上げられればブレーキが必要かな。
ダンスシケイン(左 右 左の折り返し)は段々インに寄りながらのアプローチ。
ヘアピンのアプローチを重点に置いて二つ目の左はアウトまではらまずにコース真ん中で立ち上がる。
ヒーローコーナーは筑波最終みたいに2段クリップを取ってストレートの窪地をイン側でよけるラインを選択。

自分はこんな感じで走ってました。

しばらくタイムアタックしたら単走にあきたのでブルゲリさんの前で自分が考えたラインをトレースしてもらうために引っ張り役をしてました。
わかったかな?と頃合いを見計らって自分のペースに戻して30分が終了。

いやー しのいは危険と自分でも言ってたけど実際走ると怖さがよくわかるコースでしたわ。
仲間がクラッシュしてるし・・・
正直これなら山梨の方がいいや あっちの方が路面のグリップいいし。
ま、あんな事があったんでたぶん二度と来ないでしょう・・・

帰りはただおみ温泉で疲れをいやしてから帰りました。
サーキット帰りはやっぱ温泉だよね!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://knights85.blog50.fc2.com/tb.php/393-d6adc512
    この記事へのトラックバック