エンジン降ろし

2008年08月11日 23:02

フレームクラックの修理準備のためにエンジンおろしました。
TZのサービスマニュアルが役に立たないのであんまりやりたくなかったんですが仕方ありません。
やらないといつまでたっても自分でエンジンおろせない人になっちゃうし。
まずざっと見渡してエンジンをおろすのにばらさなきゃいけない所をチェックしてからスタート

まずはキャブはずしエンジン内に残ってる水をはき出させてからラジエターを取り外し。
電装とクラッチケーブルをはずして・・・と フロント関係はこれで終わりかな。
次はリア周りでチェーンを外しシフトロットをはずし 
おーし!これでエンジンにつながってるものは全部はずしたなぁ。
で、お次はエンジンマウント関係なんですがとりあえず後ろ側からはずして前に分らーんとさせようと思いマウント後ろ側をごそごそ緩め始めたのだが一箇所どうしても工具が引っかかって入らないところがあり完全にははずれない状態に。
すこしゆるんだけど供回りしちゃって完全にははずれない。
どうしたものかなぁと思ったけどエンジンを挟むように締め上げてるから前側をはずせばゴトっと落ちてくるかなー?と考え直し前側のマウントをはずしたらエンジンが落ちてきました。

D1000158.jpg

所要時間は約1時間くらい。さすがにレーサーだけあってエンジンおろすのも楽ですね。
エンジンをおろしてからはエンジン本体の掃除とフレームの掃除。
積んだ状態だと掃除できない所を中心にウエスで拭き拭き。
結構油汚れが付いてたのですが大分きれいになりました。
一段落付いたところでFブレーキパッドの交換をして本日の作業終了。

はずしたエンジンは物置にしまっておいたんですが85のエンジンって軽いですね!持ってみてびっくりしました。サイズも小さいし。
重量は12キロまでしか計れないはかりだと振り切りましたがぶっちぎりで振り切る感じでは無かったので14、5キロ位じゃないかなぁ?
車体からはずすとおもちゃみたいな感じです。マジでw

さて、問題はばらしよりもくみ上げなんだよね・・・ ネジが余った!とかどうやって組むんだっけ?とかならないように気を付けなくっちゃ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://knights85.blog50.fc2.com/tb.php/32-5ec51dc5
    この記事へのトラックバック