TZM完成

2009年05月17日 14:42

TZMのウォーターポンプのオイルシール交換終わりました。
かなりほったらかしで前回やったときから結構日が開きましたね・・・。
やる気が起きないと腰が持ち上がらない主義なのでしかたないですw

ポンプを組み上げてからは水とオイルを入れてエンジン始動して水漏れ、オイル漏れが無いかテストしてみました。
40度くらいまであげても漏れはなさそうだったのでエンジン停止。
そこからTZMは修理からチューンに作業内容変更。

S85で使ったパーツって交換頻度が高くてレースでは使わないけど一般的には使えるものが多いんですよね。プラグとか。
ということでS85お下がりチューニング決行。
今回はイグニッションコイル+キャップ+プラグの3点セット。
コイルはたぶんYZ85。キャップとプラグはデトカン用を使います。
デトカンプラグは通常プラグワッシャに銅ワッシャを使いってそれプラスセンサーをプラグとヘッドの間に挟んで使うためにネジ部が長いんです。
それをセンサーなしで組み付けると0.4cc位圧縮アップします。
そのまま付けてもよかったんですが現状でTZMのヘッドは圧縮アップしてるので銅ワッシャを2枚使って取り付けました。
それでも少し圧縮あがっちゃうんですけどね。 多少は気にしないと。

プラグの方は良いですが元々コイルがついてた所にYZコイルを付けるとプラグコードが短くてキャップが閉まりません。
うーんどうしようかなぁ。あきらめるかぁ? それともプラグコードだけTZMのを使おうかなぁ?

どうしようかぁ?とこちょこちょやっていたらL字ステーを作れば長さが足りることがわかったのでコイルの移設することにしました。
ステーが完成し無事キャップも閉まりました。

あらためてエンジンを掛けてみるとタイヤが一周しない間にさくっとエンジンが掛かりました。
高いプラグだとやっぱりエンジンの掛かりも良いんでしょうか?
水温をあげつつアクセルをあおってみるとアクセルに対するレスポンスがあがったような気がします。
プラシーボかもしれませんけどw
何となく速そうな雰囲気をかもし出してるので良い感じです。
選手権前に一度試走しにどこか行ってみようかなぁ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://knights85.blog50.fc2.com/tb.php/170-b2a038bb
    この記事へのトラックバック