fc2ブログ

修理の為の作業でいろいろ判明

2021年12月05日 22:03

昨日の走行で判明したスイングアームのクラック修理の為今日は外してパワーパイプに渡す作業開始。

その前にブレーキオイルとか交換したかったしホイールバランサーの棒が微妙に太いからそれを研磨して補足するのにサンダーの刃(スコッチ系のやつ)を買ってからガレージへ。
スイングアームを外してパワーパイプに修理をお願いした状態のバイクがこちらになります、

IMG_20211205_133815838.jpg

これが2週間後にレースに出るバイクとなります。

で、これからエンジン回りのチェックに入るんだがそこで事件がおきる。
ヘッド外してみたら おー、良い焼けだなぁと思ったけどシリンダ外したら抱きついてた。
仕方なくシリンダに着いたアルミを#320のペーパーで落としてたんだけど途中から#80のペーパーに変えたんですよ。
そしたら排気リブのメッキが欠け落ちた・・・ シリンダしゅーりょー!
なんか巣みたいなのが出てたから大丈夫かな?っておもってたらこれだよ。

うーん シリンダどうしよ? って考えた挙句エスハチ用の予備シリンダを使うことに。
このシリンダも問題があって抱きつきやすいんだよなぁ・・・
だから使わなくなったんだけど。
抱き付いたピストン 抱き付いてない中古ピストン 組もうと思ってた新品ピストンの寸法を測ってみると抱き付いたピストンは抱き付き後がある箇所の径がほかと比べてでかい。
原因はこれか?
そういうことを踏まえて考えた結果 今回は抱き付いてない中古ピストンを新品ピストンリングで組むことに。
そのシリンダに合わせてあるヘッドを組み込んで次のレースは乗り切ってもらおうかな。
エスハチの予備のセットだったからあんまりYZMでは使いたくなかったが・・・致し方ない。 他のシリンダもあるにはあるんだけど使ったことないシリンダで素性がわからんからなぁ・・・

ってことで現状こんな感じです。
来週の週末に車体関連の組み上げやります。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://knights85.blog50.fc2.com/tb.php/1199-0c0d7497
    この記事へのトラックバック