FC2ブログ

あぁ だめだこれ・・・

2019年09月29日 19:15

ツイッター経由で安いステップバーが売っていたの買ってみたんだけどだめだこれ、そのままじゃ使い物にならん。

3月くらいに買ってみて第2戦に転倒でステップバーが削れたのであらかじめ買っておいたそれをつけてみたんだけど
補修が終わりいざエンジンを掛けてみると下になんか落ちてる。
ステップバーのバーエンドだ。

んん?と思って入れなおしたらなんの抵抗も無く入る。 そりゃー抜けるわな・・・ 穴に対してのオスが小さすぎる。
圧入しなければいけない箇所なのに指で押して入るのはそもそもNGだろう。
個体差かと思って全部調べたら買ったやつ全部スコッと抜ける。

これ使い物にならないよーと製作者の方に連絡とって設計がおかしいんじゃないの?良品と交換してくれと要望する。

あちらの判断はコストの関係で設計はそのままで行くと。ロットの関係でバーエンドが抜けやすいのがある。
送り返した4本も使えないことないとの判断で送り返した4本+新品4本が送付されてきた。

その判断に物言いたいところもあったがめんどくさいのでもうその対処で終わりにしましょうとの事で手打ちにしました。

で、送ってきた新品の方だけどやっぱりスコッとバーエンド抜ける。 やっぱり使い物にならん。
まー接着剤付けてバーエンド付け直せばいいんだけどさ。

自分もステップバーを製作してヤフオクで作って売っていた経験があるから言えることなんだけどこんな簡単に抜けるような設計しなかったし商品としてどうなのかと正直思う。
エスハチは振動が多い車体だからその振動だけで抜ける傾向なのだけど4スト4気筒の振動の少ないバイクでも自然に抜ける可能性あるよこれ。

激安かもしれないが少なからずお金もらっておいてこんなテキトーなもん作ってるところからは2度と買わない。
スポンサーサイト



暇つぶしが本気に・・・

2019年07月13日 22:42

仕事がとっても暇なので

インペラ作るか。

という気分に。

CAMのマルチブレードのオプション付けてないからそれっぽい物でいいかな。  練習がてら 暇つぶしだし。

最初モデルは自分で作ろうと思ったんだけど5分経ってから

CAMのサンプルプログラムあったよな。あそこからモデルパクろう。
羽は大5枚小5枚あるけど小があるとアンダーカット増えるから小羽は消しちゃえ。
手元にこのサイズの材料しかないから縮小して・・・ あ、羽の肉厚薄すぎるな、厚くしよう。

などとインチキをしつつモデル完成。

真上から荒流して割り出しで見える角度からさらに荒。
いやー羽の数少なくすると割り出しで見えるところ多くなるから難易度ダダ下がりだなーと鼻声交じりでパス作ってたら仕上げでめちゃくちゃなパスが出てきた。
何が原因だ?といろいろ試行錯誤してこんなもんだろうという仕上げパスができたんだけど今度は機械シミュレーションでストロークオーバーエラーが・・・

うーん、同時5軸がどういう風に動くか想像できないからチルト角度変えたり工具が細いから突き出しあんまり長くしたくないんだけど突き出しを微妙に変えても解決できず。うーん・・・・
・・・という葛藤と戦ってたら時間切れに

あと同時5軸の加工条件がいまいちわかんないんだよなー
3軸だったらこのくらいでっていうのはあるんだけどそれをそのまま同時5軸に当てはまるとすげースピードでAとC軸が動く。
心臓に悪いからそんなに早く動いてほしくないしそんなに早く動いて面キレイになるのけ?

その辺の実験もしたいから同じ形状でも加工条件変えてパス出してみてるんだけど。 ここは実際動かしてみて実物見ないとなんともいえないしなー。

というところで 同時5軸研究 暇つぶし終了。

エンドミルの荒加工のお話

2018年09月13日 20:30

珍しく? バイクとか日常の話じゃなくて仕事の話を書きますよ。
多分ここを見てる人の殆どはわけわからん!って感じになることをあらかじめ書いておきます。

今までずっと荒加工は日立のラフィングエンドミルを使ってました。
切れなくなったら再研磨だして使用。
もちろん新品ならコーティングがついてて持ちも良いんだけど再研磨するとコーティングがなくなって途端に性能が落ちるんですよ
それになんにも不思議に思わず能動的に材料が何であっても荒加工はラフィング、仕上げは超硬、みたいな。

最近はというとラフィングあまり使わなくなった。

一つ目の理由はCAMが吐き出す加工条件との相性。
端的にいうとCAMから吐き出された条件が使う道具に対して回転と送りが早すぎる。
じゃあ回転と送り落とせばいいじゃん?って思うだろうけどそれじゃ時間が遅い。

二つ目の理由はパワーミルを使いだした。
中古で一箱いくらで買ってきた中でパワーミルがあったんです
これ荒加工でもりもり削れるよって話を聞いて使ってみたら結構良いんですわ。
良い点は振動が少なく回転、送りが速い。
ハイスのくせに結構きつい条件じゃないかなーと思う条件でも見てて安心して見ていられる感じ。
スクエアのエンドミルなのにねじれが強いとここまで違うんだ、と感心する。
ただ問題があって長時間の加工だとキリコが工具に絡む。
ラフィングと違って一つのキリコが長いから飛んでくれないんですよね。
エアブローがあれば良いんだけどついてないからクーラント最大パワーでやっても滝のように流れるクーラントをまるで鯉の滝登りのようにキリコの山が登っていく。
結局10分に一回はキリコ掃除しないと危なっかしくて。

今一回流せば3時間削るデータを3回流し、うち2回はパワーミル(一本)で流しそろそろだめかなと思い工具交換、次はキリコ掃除面倒なのでラフィング使って3回目を流した結論をいうと

やっぱパワーミル良いわ。
荒加工専用の工具のラフィングだけど持ちが悪い。
パワーミルのときは3時間✕2を回して余裕をみて交換したけどラフィングだと3時間✕1の途中で「もう交換しようかな・・・」と思えるレベル

今まで盲目的にラフィング使ってきてだんだんパワーミルへ比重が向いてきたけどこの結果を見るとラフィング使うメリットないなぁ・・・
ただ一時間削ると「てみ(ちりこり)」こんもり一回分位の質量のキリコ出るけど・・・(ラフィングだと粉になるので重量は同じでも質量は少ない)

pc新調

2018年08月16日 09:19

サーキット用pcとして使ってたノーパソ(ネットブック)のモニタがかなり怪しい発色をしてたので新調してきました

IMG_20180816_090713424.jpg

マウスコンピュータのノーパソ

デジスパイスで使うのが主なのでスペックよりも大きさと値段で選択
43000円

これでも前使ってPCよりもスペック高いしOSも64ビットなので一応CADソフトも動く。
まぁ出先で3DCAD動かすことは無いので2DCADしか入れてませんが。

ただ薄すぎて本体にノーマルUSBとか外部入力が全くついてなく電源ケーブル指すとこ(上下方向のないマイクロUSB?)ポートから枝分かれさせて電源、ノーマルUSB、HDMIを分岐させるアダプタを介さないといけなくてちょっと不便

IMG_20180816_091536343.jpg

ま、よく見ないで買ってるのがだめなんだけどw

買って帰ってきて前PCの電源つけたらモニタの発色異常が治ってた・・・

買う必要・・・あったか?

でも!でも!!前より画面大きくなったしPCの操作的な使い勝手は前より断然よさそうだ!!!

痛い・・・

2018年07月29日 19:54

レースのためにバイク整備してたら変な体制だったのか腰を痛めた・・・
すげー痛い・・・ かがめない・・・腰の痛みで足の付け根まで痛みが伸びてる・・・