fc2ブログ

富士ショート YZM

2022年05月09日 21:54

5/5に富士ショートへテスト走行に行ってきました

パノラマ写真

今回のテスト内容はフロントアクスル
これで富士ショート1コーナーのチャタ直ればいいなぁ

一本目
キャブセットが全然でてねぇ!
2度のピットインでキャブセットいじるもまともに走れず。

2本目
まだいまいち。っていうか長くアクセル閉じるコーナーの立上りで失火する症状再発してるし。
走り方でなんとかカバーできるけど気持ちよくない。
前回走った時平気だったのに・・・
タイムは35.7
35秒台出たけどいまいちだなぁ・・・ チャタの方は今までの何もできない振動よりはましになったけどもうちょっと何とかならんかなぁ?

3本目
足回り中心にいじってみたけどイニシャル掛けると振動の周波数が短くなって緩めると周波数が長くなる。そんなかんじ。
緩めて周波数長くするとフロントがうにうにする感じでフロントがどっかに飛びそうになる感覚に陥るので締めたほうがよさげ。
今までより5/5に富士ショートへテスト走行に行ってきました

パノラマ写真

今回のテスト内容はフロントアクスル
これで富士ショート1コーナーのチャタ直ればいいなぁ

一本目
キャブセットが全然でてねぇ!
2度のピットインでキャブセットいじるもまともに走れず。

2本目
まだいまいち。っていうか長くアクセル閉じるコーナーの立上りで失火する症状再発してるし。
走り方でなんとかカバーできるけど気持ちよくない。
前回走った時平気だったのに・・・
タイムは35.7
35秒台出たけどいまいちだなぁ・・・ チャタの方は今までの何もできない振動よりはましになったけどもうちょっと何とかならんかなぁ?
去年の11月に走った時は34秒台がみえてたんだけどなぁ・・・

3本目
足回り中心にいじってみたけどイニシャル掛けると振動の周波数が短くなって緩めると周波数が長くなる。そんなかんじ。
緩めて周波数長くするとフロントがうにうにする感じでフロントがどっかに飛びそうになる感覚に陥るので締めたほうがよさげ。
うーん なにやってもなおんねぇなぁ・・・


5/7
この前の走行後メンテとセットダウンをしにガレージへ
j-customさんからアドバイスをいただき次回それを試してみることに。


スポンサーサイト



筑波テスト

2022年04月20日 21:55

前日にふと思い立ってYZMで筑波に行く事に
予約枠空きあり(C枠) 天気予報雨予報なし 仕事、暇
ヨシ!GO!

朝来たら雨降ってます
天気予報みたら曇りが続いてる。 あっちは雨降らないのかなー?

現地に着いたらふつーーーーーに濡れてる

レインないよ?
まー溝あるから多少の雨でも走れるだろ!

なんか雨でぬるってるのかリアが柔らかくてぬるってるのかわかんねーなーw
チェッカー受けた後に足裏で路面の滑り具合を各コーナーで確認してみたら走ってる最中にここはイけそう。と思った所以外は大体つるってる。

2本目はRSアクスル投入
の前にコース上がオイルまみれになったようで復旧に1時間位かかった。最終からダンロップまで
乾き始めた路面も油流すために水をかけてウエットに。 乾いてるところはおがくずで処理してくれたけど1コーナーから1ヘア進入位までウエット+どこに油が浮いてるかわからん。
ダンロップ進入は乾いてるけど真ん中は濡れてて立ち上がりは乾いてる
2ヘアは進入の途中まで濡れてて中盤から先は乾いてる
すっげー難しい路面状態でどこで行くか抜くかを判断するのが非常に難しかった。
それでも行ける所は行ってフロントアクスル交換の感触を確かめる。

うん、これはいいわ。
コーナー中の不安定さが減って安定してくれてる。
このバイクで最初に思ったのがコーナー中に不安定だからエスハチみたいにビタッと安定させたいと思っていたんだけどそれに近づいてきた。

次はドライで確かめたいなー・・・

フロントアクスルコンバート まとめ

2022年04月17日 16:08

完成しました。
元々はGクラフトから出ているRS125倒立フォークとそれ用のステムセットにNSR50の12インチホイールを組むためのキットが装着されていました。

g-craft.jpg

これですね。

アクスルシャフトがΦ12だったのとRS純正のシャフト径がΦ15だったのでRS純正の太いのを使いたいなっておもったのがきっかけ。

今回RSのアクスルを使うに作ったものは
カラー2個
ホイールのディスタンスカラー
そして買ったものとして
外径32内径15のベアリング

やった作業的には

ディスタンスカラーはノーマルのホイールのベアリングを外してそこに収まる外径とノーマルのカラーの幅を測定し業者に作成依頼。
たしか一本750円位
ベアリングの値段は・・・ 忘れた。

ベアリングはNSRの純正よりも1ミリ細かったです。 でもそれはカラーを長くすれば吸収するよう調整する。

んで実車の元のカラー(Gクラフト製)を測定しフォークとホイールの間のカラーの長さ+1ミリを算出

キャリパー側のカラー作成し実車組み込み

反対側にもカラーが必要なのでそれの長さ産出

カラー作成。

実車組み込み 完成

という感じです。

出来上がったのがこちら

IMG_20220416_114319284.jpg

IMG_20220416_115015376.jpg

IMG_20220416_115026835.jpg

IMG_20220416_115033426.jpg

反キャリパー側が普通のストレートカラーな理由はアクスルに差し込んだままフォークの穴を通過できるようにしたかったから。
ツバ付けるとカラーおさえながらシャフト刺さなきゃいけなくなるので。
なるべくRS125と同じような整備性にしたかったんです。 今は特に何もしてないけど接着剤で付けちゃってもいいんじゃないかな?

アクスルのシャフト径が太くなればフロントの剛性もあがって良いんじゃないかなー?
バネ下は重くなるかもだけど。

んでこれのシェイクダウンテストに今日富士に行ったけど・・・ 雨降ってたので走らずに帰ってきました。

フロントアクスルコンバート作業中・・・

2022年04月14日 20:48

RS125のフォークなのにアクスルがNSR50のΦ12なのはいかがなものかと思い始めて作業とカラー作成などちょこちょこと作業進めてます。
今回は実際に作成したカラーの取付と反対側のカラーの採寸です。

まずはRS125のΦ15のアクスルを指して・・・ あれ?刺さらない。プラハンで叩けば多少入っていくけど全部は入らんぞ?
おかしい・・・ 普通手で入れればすっと入るはずなんだが。
突き出しが左右ズレてんのか? いや、ズレてない・・・

アクスルが手で入る所で突き出しを調整したら左右で0.9ミリ位違った。 あれー?どっか歪んでんのかなぁ?
ってか今までこんなので走ってたのかー
RSのアクスルだとシャフトがフォークを貫通するからズレてたらすぐわかるけど今までの方式だと多少ずれててもネジのガタで吸収できちゃうから気づかなかったんだな・・・
この前作っておいたカラーを入れてシャフトを置くまで入れる
当然入りすぎるから反キャリパー側にもカラーを入れて調整します。
(多分実物見ないとこの辺何言ってるかわかんないと思うw)

長さも判明したのでカラー作るか

あともうちょっと。

YZM ピストンテスト

2022年03月22日 23:38

3/13に富士ショートにピストンテストに行ってきました。
シリンダは無加工ノーマル ヘッドはノーマルピストン用のノーマル形状を模して作ったヘッド。
そしてピストンは社外ピストン
メーカーはWOSSNER

昨今の抱き付き現象に一石を投じたくて使ってみました。買ったのは自分じゃなくてBBさんですが。

WOSSNERのピストンはピストン径が選べて47.45~47.47 それとボアアップ用の径もラインナップされてます。
今回使ったのは47.45で一番小さい奴。
ピストン側面にはモリブデンコーティングが施されており黒くなってます。
ピストン形状は手元測定で外側形状は純正と同一と言っていいレベルでした。
内側形状が違ってたり重量の差があったりなので完全に純正ピストンとは同じとは言えません。

一本目は25分走行中18分位は慣らしで費やし2分位上まで回して走ったところで急に吹けなくなって慌ててクラッチ握りました。
だけどエンジンは掛かってる(アイドリング設定してあった)のでそのまま自走でねぐらへ。
そのまま走行終わりました。
シリンダをはぐって確認してみたところなにもダメージなし。
ピストン自体はモリブデンコートが剥がれかけてアルミ地が見えかけてる箇所もありましたが問題なし。
よし、次は最初から全開で。

2本目は最初から開けて行ってそこそこのペースで走れたんだけど36秒台どまり。前は35秒台で周回出来てて34秒台が見えてたんだけどなぁ・・・
走っててまっすぐ遅いなぁ・・・と思っていたけど後ほど確認したデータでもまっすぐ遅かったです
やっぱノーマルシリンダ遅いんかな。

シリンダは予備が何個かあるのでポート加工にだしました。

あとフロントアクスルシャフトを現状のとは別のにする予定。
それの手はずは進んでいるので完了したらまた記事にします。