レース終わりましたー

2017年03月11日 21:42

筑波選手権 S80クラス 開幕戦に参加してきました。
結果は予選20位決勝19位
出走台数20台 決勝リタイア1台 チェッカー受けた中ではビリでしたね。
でも内容的にはいい方向に向かってると思う。
予選は10秒3だったけど決勝では9秒フラット。
ここ最近の懸念材料だった最終コーナーのジャダーも消えたし。
なにより15周のレースでほぼ猛烈なビリ争いをしてたのがなにより面白かった。
ビリ争いなんだけど俺の膝に競ってるバイクが当たるくらいの抜きつ抜かれつのバトルなんて今まで初めて。
負けたけどね・・・
そしてその結果は猛烈な疲労・・・

それではおやすみなさい・・・
スポンサーサイト

可倒式を可倒式に

2017年03月07日 22:01

タイトルが意味不明です。
俺も何を言っているのかわからねぇが・・・


土曜に筑波行ったときにかっこいいクラッチホルダーつけてるバイクが居たんですよ。
それでそれどこで買ったんだ?と聞いたらヤフオクだと。
んで帰ってきたその日に落札して品物が昨日届いたんです。

P_20170306_201117.jpg

あ、ちなみにブレンボとか書いてありますが偽物です。ってかこれ油圧クラッチのラジアルポンプみたいな形してるけどワイヤー式です。

よし!これでレースに間に合う! 前から欲しかった可倒式のクラッチレバーだぜ!
と喜んでクラッチレバーを曲げようとしてたら  「バキ!」っていう音が。

その後なぜかレバーがグラグラに・・・

あれ?付ける前にいきなり壊した?

なんで?可倒式だろこれ?

で、ばらしてみてよくよくみてみると・・・

あ、これ見た目可倒式になってるけど曲がらない構造になってるわ。
レバーを挟んでるところもクリアランスがおかしいし。 多分ワッシャーかましてクリアランス調整してたな?
んで無理やり曲げようとして力加えてそのワッシャーが砕けたと。 多分そんなところだろう。

もっとよく見てみる金色の部品。 レバーの可動部の支点なんだけど六角穴じゃなくてただのドリル穴です。
これ!外すのにプライヤーじゃないと外れないじゃん!w
しかもこのピン長さの寸法がおかしいし。
もうね。いろいろツッコミどころ満載です。

さて、どうするか。俺の希望としては
可倒式にする。
レバーのガタツキを直したい。
レバー交換が楽になるようにピンをスパナなどで回せるように、そしてピン自体の方を消したい。


可倒式にするのは簡単。加工すれば良い。


P_20170307_100358.jpg

加工しました。

あとはレバーのガタとピンのガタ。
レバーのガタはM8ワッシャーの0.8ミリ厚を噛ませばok
だけど普通のボルトのワッシャーだと1.2ミリ。 入りません。
会社をごそごそ探してていたら1ミリ厚のスペーサー代わりになるものを発見。
入ることには入るんだけどピンの代わりにM8ボルトを使って締め上げるとレバーが動かなくなる。

やっぱ0.8ミリかな。

いやちょっとまてよ? いまピンのガタをなくすために純正のピンの代わりにM8ボルト使ったんだけど純正ピンを使えば・・・
そもそもあれか? ホームセンターには0.8ミリのワッシャーなんて売ってなかったけど工具箱に入ってたブレーキラインの銅とかアルミのワッシャー あれ多分M8位入るサイズだし薄かったよな?


次はそれで挑戦します。

レースまでにクラッチホルダーは間に合うんだろうか?

越えては行けない一線

2017年03月04日 20:14

筑波サーキットにレース前の最後の走行に行ってきました。

いろいろ思うところがあってベースゲースガスケットを0.2ミリ薄いものに変更しての走行テスト
走る前に 「これは速そうだ! 壊れなければ。」
と周りに吹聴していたのですが結果は

抱きついてコケました。

前はピストンに穴あいたんだけど今回は抱きつきで済みました。
やっぱ現状以上に圧縮上げるとダメなんだなと改めて認識。

1コーナーでリアからのスリップダウンだったのでバイクはブレーキペダルの曲がりとステップバーが削れた位。
1本目の開始6分位でコケて本日の走行終了です。

やはり何事にも超えてはいけない一線というものが有るようで。
ってかこの失敗2回目なんだよなぁ・・・

腰上をばらしてシリンダを磨いた後今後の対策をぼーっと考察。
うんわかった。 エンジン仕様元に戻そう。

ってことで来週のレースに向けての最終準備します。


リフレッシュ

2017年01月02日 19:46

体調の方はだいぶ回復してきた。とおもう。

熱は平熱まで下がった ヽ(`▽´)/

まだフラフラするけど。

38度以上の熱がでたら飲んでねっていうとんぷくの解熱剤を38度超えてないのに飲んで強制的に抑えてる感が否めない・・・が。


さて、12月の筑波走行終わってすぐバイクをバラし足回りはアイファクへ。レース用つなぎは補修のためHYODに送っておりました。
つなぎの補修は2月末までに来るそうな。 足回りは1月入ってから送り返してくれるそうな。
サスペンション帰ってこないと走れないからそれまでにバイクをもっとばらして組み直したいなぁ。

久しぶり~!

2016年12月03日 21:58

筑波に行ってきました。  枠は魅惑のA

いや、混沌といったほうがいいかも。

でもさー おれS枠が解禁になる前はAとか赤A(今のC)しか走れなかったからそこ走ってたけど普通に走れてた記憶があるよ?

他のエスハチの人は あぶない こわい  とか言ってるけど平気平気!!

ちなみに自分が走るA枠は40台の満員御礼状態。

へーきへーき


ゴンゴン

あう?もう朝か?  筑波の朝は早いなぁ・・・ まだ外まっくらじゃん

「今日貸し切りあるんでぇ はやめにいれちゃいます」
あ?ういうい! は?まだ5時なんだけど・・・
道理で外真っ暗なはずだ・・・

んで5時入場。
走行は10時からなので・・・ よし!決めた! 走行が始まるまで俺は寝るぞ!

Zzzz・・・・・


ちゃらららーーーー (土曜日のいつもの目覚まし) ぱちっ
6時半か・・・ いや まだ寝ると決めてるんだけど・・・
外に目をやると隣に車が止まってる。

俺のピットに無断でバイク入れようとしてたら「友達kるからどいて!」といおう・・・ むにゃむにゃ・・・
でも外の声が聞こえる
「ここの人寝てるのかなぁ? 使っていいか聞きたいんだけど・・・」
あ、なんかいい人そうだ。 つかこれが普通だよな・・・
バイク下ろせなくて困ってそうだから予定時間より早いけど起きるか

起きたのを見計らって駆け寄ってくる隣人
大丈夫、話は聞いている(立ち聞きだけど) どうぞどうぞー!

さて俺も下ろすか

FB_IMG_1480715881150.jpg

ぼっちなう。
ぼっちなう。
ぼっちなう。
ぼっちなう。
ぼっちなう。
ぼっちなう。
ぼっちなう。
ぼっちなう。

いや、ほんとに知り合い居ないんですけど。

よしわかった 今日はストイックになる日なんだな!

いやしかし寒い。 気温4度。
これほんとに日中暖かくなるんか?
ちなみにこんな格好でした。
photo_1480717674781.jpg

ただの怪しい人です ほんとうにありがとうございました。

さて走行まで暇
なにしよう・・・ ちゃんと天気予報どおり暖かくなってきたから布団干すか!

P_20161203_080853.jpg

あ、布団たたきねぇや。 何か代わりになるもの・・・
傘でいいか。 パンパンパンパン

ふぅー! いい仕事した!

そんなかんじで時間を潰しつつようやく一本目。
居た場所が良かったのかほとんど引っかかりもせず周回できた。
今日の目的は最終コーナーの練習なのでそこだけまともに走れればよかったんだけど。

途中赤旗で中断しリアのセットを変えてもうワントライ。

リアが滑ってるのかどうかちょっと分かりかねたが最終コーナーでオーバーステアが出るように
なんかその感覚が嫌な感じでそのままハイサイド食らいそうな気が・・・

2本めはさっき変えた分の半分戻して走行。
うーんあんまりよくないかなぁ。 ライン次第かなぁ?といろいろ試しててちょっとさっきのセットにもどしてみるか?ってところでチェッカー。
判断がおそすぎましたね。

ってことで今年の走行は終了いたしました。

あ、でA枠なんですが1本目は気にならなかったんですが2本目は怖かった。
1コーナー立ち上がりから2ヘア進入までは頭上げて適当に走って外周だけ真面目に走る。チャンスが合ったら一周真面目に走るならいけますね。
ま、慣らしとかキャブセット出しとかテスト走行に使うくらいかな・・・

A枠を観察しててわかったことは普通に走ってるのかスロー走行してるのか判断出来ないこと。
1コーナーをアウト・インインで立ち上がってそのまま右ベタで走るのかな?とおもったらS字の一個目でクリップ取りに来るバイクとか居ましたね。
後ろからみたらまさにコース横断。
こんな走り方するやついたらそりゃー某ミキティはぶつかっちゃうかもね・・・
自分は自分以外全部敵と思って近寄らなかったので事なきを得ましたが。

さーて バイクバラすかぁ。