FC2ブログ

また壊れた・・・

2020年10月26日 21:13

エスハチのクラッチケースカバーを新品にしました、

IMG_20201024_152900198.jpg

YZエンジンをもう一基作るのに部品が足らなくてクラッチケースカバー新品を買いメインエンジンに装着。
外した古いカバーはもう一基の方へ。
あとクラッチカバーを新品にすれば外見は新品エンジンになりますよ!
やっちゃうか?!

そんなご機嫌なエンジンを搭載し富士カートへ行ってきました。

IMG_20201025_111252666.jpg

んーー いい天気。
絶好の走行日和ですよ。
適当にキャブセットして走り出したけど前とエンジンフィーリングが違う。 半クラ使わないと全然立ち上がらない・・・
前のエンジン特性はなんだったんだろう? 単に濃すぎただけなのかな?

そんな感じで走ってるとなんかすげー車来た!

IMG_20201025_112259719.jpg

ランボルギーニのアヴェンタドールという車らしい。
お子さん連れてレンタルカート走りに来たみたい。
すげーかっこいい・・・ ドアはガルウイングだし。
俺もこの車買うわ! トミカで!

さて、本日のメインイベントはミニロクカートコース戦に出るためにNSF125の練習なのだ。
正チェンジらしいから絶対やらかすだろうな・・・ ってか12インチのバイク久しぶりだからちゃんと乗れるかな?
乗ってみると小回り効いて楽しいんだけどどうもフロントに信頼がおけない感じで探り探りの運転に。
うーん・・・これ以上やると転びそうだしバンク角も深くできない・・・参った。難しい。
借り物バイクこけたくないから(前は借り物バイクで一日2回こけたけど)徐々に上げていく方向で走ったけど・・・ 納得いかない走りしかできない。

そのバイクと自分のバイクを交互に乗り自分のバイクも正チェンにして走ったけどシフトミス0回達成!人間慣れれば操作が逆でも乗れるようになるんだね。

で、最後の最後に俺のバイク壊れる。

エンジン掛けようとしてリアタイヤ回しても圧縮が無いような抵抗感。
ピストンに穴でも開いたかなー?と思って腰上ばらしてみても問題なし。
これならエンジンかかるだろうと思って締めなおしてリアタイヤ回してもダメ
PPに電話して対応を聞いてクラッチワイヤー周りを見直して再度やってみてもダメ

なんかクラッチが半クラの状態で固着してるようなイメージ。

とりあえず今日は終わりにして持って帰って直すことに・・・
スポンサーサイト



一輪車

2020年09月13日 18:51

先日のレースの前日練習終わった後ラムエアダクトの溶接が剥がれてしまって急遽前日にラムなしに改造してレースに臨んだのですが今日はそれの修理です。

自分のバイクはエア導入口のパーツが溶接止めで先端の部品、ボックスに向かう導入口、キャブボックスと3分割構造になってて一番前のパーツがはがれると中間パイプの固定が出来ないしタンクの固定もままらない状態でした。

なのでそれの修理のため溶接してもらいました

修理方法はステムまでばらしてバイクを横倒しにして溶接してもらいます。
こんな感じに

IMG_20200913_114755455.jpg

一輪車状態にして工場に搬入 溶接してもらいました。

溶接作業自体はすぐ終わったんで今度は元通りに組みなおすだけ。

清掃、グリスアップをしながら組み立てて行ったんでそこそこ時間かかりました、
左右のフォークの突き出しはデジタルノギスを使用しぴったり合わせる。

IMG_20200913_124307115.jpg

IMG_20200913_124325240.jpg

左右差0.02ミリ位で勘弁してください。 そもそもきっちり測れないし。

組みあがってカウル付けてるときに気づく。

あ、チャンバー付けてねぇ・・・

もう一回カウルを外しチャンバー付けるという失態もあったが組み上げ完了。

ついでにタイヤも練習用に変えて7/10に注文したリアスプロケがこの前ようやく到着したのでそれも交換。


そうそう、この前飲みに行ったらそこの店のステッカー張ってレース出たよ!っていう証拠写真を献上したんだけどしっかり店に張られてました。

IMG_20200911_232022912.jpg

IMG_20200911_232029915.jpg

IMG_20200911_232044261.jpg

相模原市橋本駅にあるカクテルバー another barです。
近くに来たときは飲みに来てください。
ついでに俺の写真を眺めてもいいですよw

2020 筑波ロードレース選手権第三戦 S80

2020年08月30日 12:52

暑かった・・・


前日練習でラムエアボックスステーの溶接が剥がれて修復不能になったのでやむなくラムボックスを外してレースを走ることにしたレース当日。
予選は落ち着いて走れてまだ余裕があった感じで走れてたのだけれど最後の1コーナーでミスってオーバーランで芝生へ
S字出口までずーっと芝生を走って砂利をコース内へ巻いてしまった。
タイムは8.4秒18番手
決勝は新品タイヤ履くからもうちょっと伸びるかなーって思っていたけどサイティングラップからどうも集中力が出ない。
フォーメーションでもなんかふわふわした気分に。
フォーメンションラップではちゃんとできるのに本番のスタートでは「いつもの」スタートを決めて最後尾に。
早々に2台をさばいてダイヤさんを交わしたけど1コーナーで刺される。
うわー この最終の曲がり方じゃダメか―!となんども最終を失速しないように曲がろうと調整するもかならず1コーナーで刺される。
1コーナーで刺されて1ヘアで抜き返してマージンを気づいて最終をなんとなくいい感じに回れれば追いつかれないだろうと注意して曲がってホームストレートは真ん中よりを走ってみて横に並ばれないのを確認してそのままスパート。

どうやら引き離したみたい。

あとは一人旅。
一人タイムアタックをずっとやってたんだけど思うようなラインで走れずもうだめだなー ペース落とそうかなーって思って振り返ったら2台のバイクの姿が。

あれー?ダイヤさんその後ろに抜かれてそれが追いついてきたのかなー?と思ったけど。 いやちょっとまてよ?あれトップグループじゃね?
そういえばこんなペースで走ってるとブルーフラッグの危険性あるんだった!というのを思い出してトップから逃げる体制に。
幸いブルーフラッグを振られることなく最終ラップに入れて15周完走できた。

決勝まではなんとか暑さに耐えれたけど後片づけで死にそうに・・・
ようやく終わったとへろへろになったので水シャワーを浴びて帰りました、

夏のレースが体にこたえる年になっちゃったかなー?

クランクケースとクランク交換。

2020年08月22日 20:48

今度のレースのためにルーティンのクランク交換、のついでにクランクケースを交換すべくエンジン降ろしました、

IMG_20200815_113319525.jpg

というのは1週間くらい前のお話。

今日ガレージに行くとエンジンは組みあがってるみたいなのでエンジン載せます。

で、クランクケース新品にしました、

IMG_20200822_085654187.jpg

自分のフレームはクランクケース無加工で乗るのでケース交換のハードルは他のエスハチの比べ低いです。
それにしても新品ケースは美しい・・・

エンジンを乗せた後腰上を組んでいくんですがピストンを組むときの自分流の儀式?を。
ピストンの側面をペーパーをあらかじめあてて組む人は多いと思いますが自分はピストンの角にやすりも当てます。
いつだか忘れたけど組む前のピストンを触ってたら結構角が立ってたので

IMG_20200822_103350269.jpg

ヤスリあてる部分を半分だけやってみた写真。
主にシリンダ内壁と接触する角をなだらかにしてます。
効果あるかどうかは体感できないけどなんとなく気になったので。
あ、ピストンは天面を削ってあります。

IMG_20200822_104159887.jpg

ピストンの基本仕様はピストンを削り始めてから変えてない。


で、エンジン載せて腰上もくみました、

IMG_20200822_113904122.jpg

やはり新品のケースは輝きが違う・・・

いやーしかしレース時は暑そうだなぁ・・・・

筑波サーキット レース前最終練習日

2020年08月11日 23:41

8/10ですが筑波のスポーツ走行に行ってきました。
走行前日の午後10時半についたんですがピット取れず。
ゲートのところに一台1ピットまで!場所取り禁止と書いてあったのにピット前に車がなくてバイクが降ろしてあって車は別にピットに
というのがちらほら。

せっかく守衛さんが気を利かせてくれてるのになんでこういう事するのかねー。
次からは今まで通りパドックに入れずに並ばせるらしい。

利用者と守衛の信頼関係で前日夜にパドックに入れてもらってるのにその時の自分の利だけでそれを裏切ってしかもルール無視して場所取りしてるやつらって恥ずかしくないのかなー?
レースの時の駐車場の場所取りも同じ。 この時間までは場所取りの紙張るなって言ってるのに取るやつ居たらしいし。しかも名の通ったチームがやってるし。その時の当事者じゃないから名前は出さないけど。

まぁ仕方ないのでピットは取れなかったのでS字よりの場所を確保。

IMG_20200810_082758610_HDR.jpg

いやー ピット取る気満々だったから発電機ないよーと嘆いてたら隣に止めた同じS8組が電源分けてくれました。 ありがとうございました。

今回の走行はチャンバー系のテストだったんだけどあまり振るわず。
その部品を使えるようにする打開策は浮かんだけど実戦投入にはまだ時期尚早という感じ。
元に戻すか前日練習でもう一回試すかっていうところかな。

それにしても暑かった・・・ 水のように汗が出てきてきつかった。
久しぶりに帰り道一気に帰れず途中のPAで寝てから帰りました。