ついに!

2017年04月25日 21:21

20170425211803876.jpg

ついにオーリンズステダンゲットしました。
いや、ブツ自体はちょっと前に来てたんですけどヤフオクでゲットしてすぐオーバーホールに出しててそれが今日終わって帰ってきました!
ステダンのオーバーホールだからかすげー早かった。
だって日曜に発送して火曜日に返ってくるなんてカロッツエリア仕事早すぎ。

ん?まてよ? 俺はその前にPFCのブレーキパッド買わないとダメなんじゃなかったか?
しかもまだ注文してないし・・・

あ、わかった。 心優しい季節はずれのサンタさんが明日あたりにに届けてくれるんじゃないかな?!
スポンサーサイト

エスハチの半分はやさしさで出来ている。

2017年04月15日 22:05

筑波のお花見走行に行ってきました。
S枠は午後で午前中暇だろうと思い自分はA枠を一つ確保。
お天気的にはこれが正解でSの2本めは雷雨によりコースはハーフウエットになりほぼみんなが走らない状況に。

A枠はチャンバーテストのつもりで直線だけを攻めて特性をなんとなく掴んでテストライダーにバトンタッチ。
降りてきたときの第一声を「ひどい!」と言われるのを予想(期待?)して走行を見守っているとホームストレートで見る限りあのバイク普通に速そうだな。
さすがにトップクラスの速さには見劣りするけど中盤くらいのスピードで走ってるように見える。
そしてなんかだんだんペースが上がっていってる。

さて、帰ってきての一言

「そんなにわるくないぞ!」

あれ?

A枠だったから結構引っかかって8秒6だったけどそのままでS走れば6秒位出そう。
自分で詰めていけば5秒出るし表彰台も乗れる!
と好印象

あれ?

自分が懸念してたチャタは出ないけど最終のプッシングアンダーがでるからそれはこうすればいいんじゃねーか?というアドバイス。

正直もっとひどいんだろうと思ってたけどこのバイクなら言い訳できねーぞ

(∩゚д゚)アーアーキコエナ-イ

どうやら自分で考えて考えてセットアップした車体セットはとんちんかんな方向に向かっていたわけではなさそう。

その話を聞いてのSの1本目
言われた通りバイクに変更を施して走り出す。
一旦ピットに帰って違うところもいじってみる。
もう一回ピットに帰って今一度いじってみる。  出ようとしたらピットロードの信号が赤に変わる
あ、走行終わった・・・  ピットに入るの遅かったか・・・

まだ最終のプッシングアンダーは消せてないけど(そんな簡単に消せてたら今頃悩んでないか・・・)次走る時に試したいことも明確になったので収穫はあった。

まずはセーブポイントをテストライダーが乗った時にしてそこからいろんなアプローチしていいけばいいかな。
多分その過程で新しいセーブポイントも見つかるだろう。
乗ってくれてありがとうございました!

やさしさの二つ目はNXCRのパーツの事。
部品たりなーい!ってブログに書いてたら あまってるよ! と言っていただきパーツを持ってきてもらえました。
ありがとうございます 助かります!

いや、色々な方々からパーツを分けていただいたお陰でエスハチが一つ出来上がりそうです。
自分はYZが有るのでメインのバイクとしては乗るつもりは無いですが一台起こしてエスハチでレースを出たい人にレンタルしたり自分の遊び道具になればいいなと思ってます。
まーそこまでたどり着くのは今年の終わりごろかと思いますが。
もし完成して貸し出すつもりになったら告知は行います。

レース終わりましたー

2017年03月11日 21:42

筑波選手権 S80クラス 開幕戦に参加してきました。
結果は予選20位決勝19位
出走台数20台 決勝リタイア1台 チェッカー受けた中ではビリでしたね。
でも内容的にはいい方向に向かってると思う。
予選は10秒3だったけど決勝では9秒フラット。
ここ最近の懸念材料だった最終コーナーのジャダーも消えたし。
なにより15周のレースでほぼ猛烈なビリ争いをしてたのがなにより面白かった。
ビリ争いなんだけど俺の膝に競ってるバイクが当たるくらいの抜きつ抜かれつのバトルなんて今まで初めて。
負けたけどね・・・
そしてその結果は猛烈な疲労・・・

それではおやすみなさい・・・

可倒式を可倒式に

2017年03月07日 22:01

タイトルが意味不明です。
俺も何を言っているのかわからねぇが・・・


土曜に筑波行ったときにかっこいいクラッチホルダーつけてるバイクが居たんですよ。
それでそれどこで買ったんだ?と聞いたらヤフオクだと。
んで帰ってきたその日に落札して品物が昨日届いたんです。

P_20170306_201117.jpg

あ、ちなみにブレンボとか書いてありますが偽物です。ってかこれ油圧クラッチのラジアルポンプみたいな形してるけどワイヤー式です。

よし!これでレースに間に合う! 前から欲しかった可倒式のクラッチレバーだぜ!
と喜んでクラッチレバーを曲げようとしてたら  「バキ!」っていう音が。

その後なぜかレバーがグラグラに・・・

あれ?付ける前にいきなり壊した?

なんで?可倒式だろこれ?

で、ばらしてみてよくよくみてみると・・・

あ、これ見た目可倒式になってるけど曲がらない構造になってるわ。
レバーを挟んでるところもクリアランスがおかしいし。 多分ワッシャーかましてクリアランス調整してたな?
んで無理やり曲げようとして力加えてそのワッシャーが砕けたと。 多分そんなところだろう。

もっとよく見てみる金色の部品。 レバーの可動部の支点なんだけど六角穴じゃなくてただのドリル穴です。
これ!外すのにプライヤーじゃないと外れないじゃん!w
しかもこのピン長さの寸法がおかしいし。
もうね。いろいろツッコミどころ満載です。

さて、どうするか。俺の希望としては
可倒式にする。
レバーのガタツキを直したい。
レバー交換が楽になるようにピンをスパナなどで回せるように、そしてピン自体の方を消したい。


可倒式にするのは簡単。加工すれば良い。


P_20170307_100358.jpg

加工しました。

あとはレバーのガタとピンのガタ。
レバーのガタはM8ワッシャーの0.8ミリ厚を噛ませばok
だけど普通のボルトのワッシャーだと1.2ミリ。 入りません。
会社をごそごそ探してていたら1ミリ厚のスペーサー代わりになるものを発見。
入ることには入るんだけどピンの代わりにM8ボルトを使って締め上げるとレバーが動かなくなる。

やっぱ0.8ミリかな。

いやちょっとまてよ? いまピンのガタをなくすために純正のピンの代わりにM8ボルト使ったんだけど純正ピンを使えば・・・
そもそもあれか? ホームセンターには0.8ミリのワッシャーなんて売ってなかったけど工具箱に入ってたブレーキラインの銅とかアルミのワッシャー あれ多分M8位入るサイズだし薄かったよな?


次はそれで挑戦します。

レースまでにクラッチホルダーは間に合うんだろうか?

越えては行けない一線

2017年03月04日 20:14

筑波サーキットにレース前の最後の走行に行ってきました。

いろいろ思うところがあってベースゲースガスケットを0.2ミリ薄いものに変更しての走行テスト
走る前に 「これは速そうだ! 壊れなければ。」
と周りに吹聴していたのですが結果は

抱きついてコケました。

前はピストンに穴あいたんだけど今回は抱きつきで済みました。
やっぱ現状以上に圧縮上げるとダメなんだなと改めて認識。

1コーナーでリアからのスリップダウンだったのでバイクはブレーキペダルの曲がりとステップバーが削れた位。
1本目の開始6分位でコケて本日の走行終了です。

やはり何事にも超えてはいけない一線というものが有るようで。
ってかこの失敗2回目なんだよなぁ・・・

腰上をばらしてシリンダを磨いた後今後の対策をぼーっと考察。
うんわかった。 エンジン仕様元に戻そう。

ってことで来週のレースに向けての最終準備します。