FC2ブログ

レースレギュレーション合致まであと少し。

2021年02月21日 22:49

今日はすごい暖かかったですね!
こんな日は整備に身が入るってもんです!

あれ、俺ガレージ借りてるから野外整備じゃないはずなんだけどな・・・

まずは今日の完成図
IMG_20210221_165521015.jpg


前回から何が変わったかというと
リアフェンダーが着いた
ステッププレートが着いた
フロントディスク新品
レバーガードが着いた
の4点です。

フロントディスクは結構波打っててカートコース90分走ったくらいじゃあたりが取れなくてディスク交換を選択。
元々はキタコのフローティングディスクがついてたんだけど新品で買ったら17000円位。
そんなに出せないよ・・・
ってことでモノタロウで売ってた純正そっくりなノーブランドディスクを買ってみました。
ちなみに2600円位
モノタロウで売ってるものだから走行中に割れたりとか走行に支障が出るトラブルは出ないと思う。
磁石はくっついたけど多分ステンレス製。
写真は・・・取り忘れました。
パッドも変な風に削れてたのでパッドのやすりを当ててある程度平面にしてから組みました、

ステッププレートも熊倉精機が出してるポジションがいろいろ変えられるものに交換。
IMG_20210221_165529411.jpg

NXCRを作った時にも買ったけどNXフレームの時は純正寸法だと乗れなかったので買ったけどYZMの場合NSF100に乗った経験からこんなもんでも平気だろうとは思っていたけどライダーが一人じゃないので柔軟に対応できるように変えました
まぁ自分の場合押し掛けした時にがつんと2速(逆シフト)に入れるんですけど今までのポジションだとステップバーを蹴り落とすくらいのポジションでしたけどね。
まずは自分好みのポジションにしてますが各ライダーの感想を聞いて中間を狙いう感じになると思います。
ポジションを後ろにしたらブーツとテールパイプが干渉するようになったのでテールパイプは作り変えることにしました。

リアフェンダーですがレギュレーションでどこか一か所でもいいからボルト止めしてるところが必要なのですがスイングアームにナッターを打ち込んでボルト止めして反対側はタイラップで固定。
IMG_20210221_165533784.jpg

この案は同じPPの人が提案してくれたのですが「ナッター打てばいいじゃん!」って言われ「じゃあやって♪」とごり押ししてやってもらいましたw


暖かい気候のせいか先送りにしてたレバーガードも付けました。
IMG_20210221_165538987.jpg

通常ブレーキ側につけるのが常識なんだけどアマゾンで買ったやつには左右ついてたので転倒時のレバーの保護を目的に左右両方付けました。
本来のレバーガードの意味は走行中に自車の右側を走ってるバイクとぶつかってブレーキレバーに接触し不意なブレーキを掛けられないようにするための保護なのでクラッチ側には付けないんですがこれは転倒時の保護だから!ちゃんと本来の使い方知ってるから!とここで言い訳させていただきます。


後はキャブをΦ28からΦ18に変更すればレースレギュレーションに合致するバイクの完成です。

前にも書いたかもしれませんがYZ85だとTZMのマニホールドがそのままつくのでTZMのミクニキャブを使用すればボルトオンで装着できますがミクニキャブはセッティングが難しいのでNSR50のケイヒンキャブを使用します。
NSR50のキャブはYZ85につけるにはインシュレータとかは存在してないのであの部品を使えば付けれるとかいう事は出来ません。
なのでPWK28のインシュレータに取り付けができるアダプターを作成して装着します。
アダプターが完成したら次はΦ18キャブのセッティングの為のテスト走行。
レースまで1か月を切っているのであまり時間が無いですが何とか間に合うでしょう。
スポンサーサイト



シェイクダウン完了

2021年02月07日 19:54

富士カートコースでシェイクダウンリベンジしてきました。
結果はちゃんと走りました。

IMG_20210207_094506952.jpg


行き掛けに富士山をパシャリ

IMG_20210207_080701843.jpg


走り始めはハンドルへの振動がすごくてこれ長時間走るのきっついなーと思っていたんだけどトップブリッジの締め付けボルトがしまって無くて浮いてました。
締め付けたら耐えられない振動は無くなりました。

走り始めてすぐに この車体いいわ。Nチビ車体より全然良い と感じれました。
Nチビ車体だとちょっとセーブして走らないとこけそうな感じのフィーリングなんだけどこの車体はこじっても全然平気。
まさにレーサーフレーム。

特に問題なく走れて最後のスティントで頑張って走ってみたら自分のエスハチより0.1秒速いタイムで回れてました。
これは面白いバイクだ。

Vフォース4 箱開け

2021年01月30日 08:36

去年?新しく出たVフォース4を買ってみました。
正直買おうかどうか悩んだんですけどとりあえず買ってみるか―と。

IMG_20210130_081417731.jpg

箱を開けてみるとこれらが入ってます。
3-iと違うのは取り付けのボルトが入ってる事位かな

本体はこんな感じ
IMG_20210130_081450307.jpg

IMG_20210130_081455547.jpg

買うのに躊躇してた理由がインシュレーターが着く面に肉抜きがしてあること。
PWK28をそのまま使う人には全く問題ないんですが自分はPWK35を使っているので肉抜きされてると肉抜き部にガスが漏れちゃうんじゃないかと思って手が出せなかったんです。
肉がある部分を図ってみると36ミリ位だったのでマニホールドはそのまま使えそうだけど・・・ 危ないのでマニホールドは作り変えます。

ポートの形状は楕円になってました。
IMG_20210130_081631052.jpg

IMG_20210130_081645425.jpg

約30ー32ですね。
ここは3-iがどのような形状になっていたか調べたことがないので違っているのかはわかりません。
3-iはΦ29位だったような気がするんだよなぁ・・・
ここの径をいじったこともあるんですが触らないほうが調子よかったです。

そして羽
IMG_20210130_081504605.jpg

IMG_20210130_081510285.jpg

ばらし方がわからなかったのでそのまま撮りました。
羽はVフォースを使いだしてから変わってますが去年かった3-iと同じだと思います。
カーボン羽でストッパーのところにコーティングが掛かっていているようです。

インシュレータ
IMG_20210130_081725145.jpg

IMG_20210130_081735442.jpg

インシュレータに密閉用の出っ張りがあるのでガスケットはいらないですね。
筑波で走る車両はキャブが違うので使わないしミニロク車両の方では一度トラブったので使わない部品です。

マニホールドのベースプレートを作成し終わったら車体につけてみたいと思います。

壊れてた・・・

2021年01月23日 19:26

フロントフォークをOHに出すのにフォークを外したんだけど右のフォークが自重で落下しない・・・
プラハンで叩いてようやく外れる感じ
フォーク曲がったか?と思って左のフォークを刺してみたら穴芯がズレてる。

あぁ トップブリッジ曲がったか。

トップブリッジを外して常盤に乗っけてみたら歪んでる・・・ ゴミ確定。

とりあえずフォークOHに出してトップブリッジは新調しよう・・・

作った 買った

2021年01月16日 19:23

前回のシェイクダウンのトラブルの原因だったVフォースのマニホールド
締め付けトルク弱めにすれば歪まず2次エアも吸わないようになったけど一度トラブったものを使いたくないのでインシュレータ買った。

IMG_20210115_222605653.jpg

自分のバイクとかで使ってるKN企画の汎用インシュレータ

これをアルミのプレートにのっけて

IMG_20210116_182611372.jpg

はい、マニホールド完成。
YZはアルミの板に穴開けるだけでいいのですごい楽。 ちなみに30分位で作った。

この方式は自分のエスハチでも実績ある仕様なのでもう2次エアは吸わない。

んで耐久バイクなのでポジションを合わせやすくするためにステッププレートも購入。

IMG_20210116_182811417.jpg

熊倉精機さんのプレートです。
ヒールガードは3Dプリンタで作っててプラスチック製なんだけどこいつは締め付け過ぎると割れるから初めから使わない予定。
逆シフトだとロッドが干渉する可能性があるので改造しないとつかないかもしれない。
あとペダルポジションを後ろにするとテールパイプと干渉する可能性が大なのでこいつを付けるならテールパイプも作り変えかなー。

ドロガーのタコメーターの踊りも対策を教えてもらったのでその対策を試してみてシェイクダウンリベンジ。