いただきもの

2017年11月14日 17:47

ひょんな事からCRのノーマルヘッドを頂き(?)じゃあってんで新しく作ってみることに。

前の図面を引っ張り出して形を変えていったんだけど前はこう作ってたのか。っつか随分図面古くないか?と疑問に。
思い返せば多分2年以上前の設計だ。
今こういうふうに作ってないな・・・と思って最近の流行り(自分の)の形状で作成してみました。

コレをオフシーズンにテストライダーに試してもらうか。

いつもはノーマルヘッドの加工は外注に投げちゃうんだけど今回は自分で加工。
なのでシリンダ面の模様がいつもと違います。
コレ持って目の前でくるくるやったら目が回るんじゃないかな?w

P_20171114_155942.jpg

スポンサーサイト

割れた

2017年11月09日 10:04

ヘッド割れてた。

自分のじゃないんですがこれとこれつけ比べてこっちのほうが良かった!
って言われて二つ送ってきたんですがあちらで測定した数値を見る限り同じもの。
あちらは2種類持ってるはずだけど種類違いはよそへ行ってるはずなので実質同じもの二つしか持ってないはずだが・・・

んで同じものなら同じに作ってるので性能の違いは出ないはず。
何がちがうんだろう?とノギスで測ってみてもそこまで差が出る数字は出てこない・・・  んーわからん。

ぼーっとだめなほうのヘッドを眺めていたら ん? あ、これわれてるじゃん

2017-11-09.jpg

ほかのウォータージャケットのリブのところもかなり怪しい。
燃焼室とのキワもふくらみが発生しててつめが引っかかる。
ヘッドの取り付け部の平面が出てないというの不調の原因だなと断定。

ノーマルヘッドの加工品だとどうしても全高が薄くなるからこういうトラブルも起きてくるんだなぁ。
使用時間の差はちょっとこちらではわからないがたまにチェックしておいたほうが良いかなと思います。

改造

2017年11月07日 21:28

手持ちのVHMをOリング仕様のシリンダに合わせて改造しました。

received_1978104575764952.jpeg

某PPの先輩が 11/29に走り行くからVHMのヘッド作っておいて! お前の手持ちのVHMで!
とジャイアン的な事をおっしゃっていたのでのび太な僕は首を盾に振ることしか出来ずせっせと作りました、
まずはアウターの加工から。

機械に載せて平面度を測るとさすが削りだし製品。 0.01ミリも狂ってないです。
使用してると狂ってくるかもしれませんけど。

お次はインナーの加工なのですがVHMなら設計は簡単だろうとたかをくくっていたのですが以外に制限があって思うように行かなかったです。
やってみた感じだとノーマルの容積に近い容量だとさほど問題はでなさそうですがワンオフ容積やピストンが加工してあると途端に道幅が狭くなる。
そんな印象でしたね。

結論的には俺がつくった自作の2ピースヘッドが最高。
ベースの設計が加工済ヘッドを元にしてあり加工で調整できる幅が広く設定してるんで自由自在。
やっぱ既製品はやりづらいな。

筑波ロードレース選手権 第4戦 レポ

2017年11月05日 09:43

と、いっても一週間前の話ですが。
どうにも書く気にならなくて・・・

前日練習からデトネーションに悩まされてキャブ濃くしてもあまり改善せず。
どうやら今回にむけて投入したピストンとヘッドがダメだった模様。
タイムは金曜は8秒台に入ったけどレース日では9秒も切れず。


うむーーー


で、昨日エンジンを開けてみたんだけどやっぱりデトネが一周出ててピストンも次の走行で使えないくらいヘコんでました。
デトネはヘッドが原因、ピストンの凹みはピストンの耐久性がないとの結論づけて新キットはボツにすることに。

数年前に適当に設計したピストンだったが意外といいバランスだったんだなー

手元に加工済みの新品ピストンが無いので次のテストに使うエンジン仕様を考えつつ腰上をばらしたまま放置してきました。
今の仕様だと多分頭打ちな感じがするので次はエンジン仕様をガラッと変えて心機一転いちからやり直そうかと。

来年の開幕戦は3/10らしいので準備を進めないと。

CAM内蔵

2017年10月16日 23:35

ソリッドワークスがスマート製造に踏み出す、CAMソフトを標準搭載へ

おれ知らなかったけどソリッドワークスがCAM内蔵するらしい。
英語版は2018から入ってるっぽいけど日本語版については実装はまだ未定みたい
でもわりと早めに実装されるんじゃないかな?
問題はどれだけの物が加工できるかだなぁ。
まぁ3DCADの付属CAMだからたいしたもん作れないとかははないとおもうけど。

ちょっと楽しみになってきたなぁ。